無資格・未経験でも目指せる

歯医者で虫歯治療をしてもらう時は、おそらくほとんどの場合、歯科医だけでなく助手の方にもお世話になっていると思います。まずは歯科医以外の助手の方に口の中を見てもらい、その後歯科医が実際に歯の状態を確認して治療が行われるのが一般的でしょう。

一連の治療の流れの中で歯科助手の方のお世話になる部分は少なくないので、歯科助手になる為にはとても厳密な資格試験があるというイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。しかし、実は歯科助手に関する国家資格は存在していません。民間資格はあるものの、歯科クリニックで働く歯科助手の方の中には、特に何の資格も持たない方もたくさんいるそうです。

歯科助手の主な仕事は、治療を行う歯科医のアシスタントです。その為、たとえ無資格でもある程度の知識を学ぶ必要はあります。全くの未経験者が歯科助手として働く場合は勉強が少し大変かもしれませんが、最近は通信教育等でも手軽に歯科助手の勉強ができるようになっているので、活用してみると効果的でしょう。

未経験の状態で歯科助手として採用された方は、最初のうちは他の業務を行いながら歯科助手の勉強をしていく事になると思います。歯科治療では専門用語が用いられる部分も多く、治療に使う器具の種類もたくさんあります。最低でもこれらを学んで身につけておかないと、歯科助手としての仕事を全うすることは出来ません。無資格・未経験でも比較的目指しやすい歯科助手ではありますが、早く一人前の歯科助手になる為に、自発的に学ぶ姿勢はとても大切です。”